読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百科事典 買取

百科事典 買取の説明はこちらです。

古本を少しでも高く売る裏技

超簡単にブック・○フより高く売れる!?

古本を少しでも本を高く売りたい場合、かなり効率的な方法です!

①事前に自分の売りたい本のISBN(978~はじまる番号)のリストを作るか、または背表紙の写真(写メ)を撮っておきます。写真の場合は出来るだけ鮮明に、かつ、はっきりタイトルが分かるようにして下さい。

f:id:jitenkun:20161203085717j:plain

 

ランキングのページへアクセスします。

グーグルの検索結果がごちゃごちゃして分かりにくいので、本の宅配買取店のランキング・サイトを使います。ここは250社以上掲載されていて、全国どこからでもネット買取を依頼出来ます。大手に負けれない中小の特化型の古本店が多い感じです。

 

③ランキング上位のほうからよさげな何件かの買取店をピックアップし※、買取店のメールアドレスをどんどんコピーしてアドレス帳かメモ帳などに保存します。数は出来るだけ多いほうがいいです。

(※ホームページに「事前見積」とか「見積歓迎」と書いてある店のほうがいいかもしれませんが、別に書いてないところでも大丈夫だと思います。)

 

④メールにISBNのリスト、または背表紙の写真を添付し、メールの件名に「見積依頼」と書いて、先ほどピックアップした何社かの買取店へメールします。

依頼文面はなるべく丁寧なものを準備しましょう。

(専用の送信フォームがある場合は出来るだけそっちを使うほうがいいのかも知れませんがメールアドレスに送れば対応してくれる店が多いです。)

 

⑤見積の返事を待ちます。早いところは数時間で見積結果が来ます。

 

買取店から見積の返事が来たら、その中から一番高く買ってくれるお店をピックアップします。念のため買い取りの詳細事項を確認し、古物商許可番号がちゃんと記載されているかどうか、お店や経営者の名前で変な記事がないか一応ググってみて、売っても問題ないところか確認するようにしています。問題無いなら買取の申し込みに進みます。

 

本の発送の方法は店によって少し違うので、申し込んだ買取先のやり方で本を送ります。

 

⑧あとは査定結果(または入金)を待つだけです。

 

サクッと一番いい買取店で本を売ることが出来ました。

f:id:jitenkun:20161203085916j:plain

 

やはり何社か見積をとってみるのがいいようです。

古本なんてどこもいっしょでしょ?と思ってましたが

これ店によって結構違います (・∀・)

 

例えば専門書ならこんなとこ↓があります。 

 

※ただし買取店によって返送の送料(有料と無料のところがある)や振り込み手数料(だいたい無料が多い)の扱いに多少違いがあるので注意して下さいね! 

 参照:

本の宅配買取NAVI – 古本の宅配買取サイト紹介。口コミ・評価・ランキング付き。評判の買取店を比較して見つけよう。